ブログトップ
建大工房BLG
kendaikou.exblog.jp
これからの未来を担うということ。
最近は仕事のことで頭が一杯でいろんな場に行ってもあまり自分の中に入ってくることはない日々をしばらく送ってまして。

そんでちょっと仕事もひと段落し、精神的にも余裕が出来た中での今日。
いろんな事を思う一日でした。
忘れないように書き留めておこうと思い。

ちょっと大袈裟に言えば、
これからの未来への架け橋のような一日。

まず最初は「北陸No1ブロガー」のたつやさん主催の「マルシェワンダーランド」。
これがビックリするくらい楽しくて、素晴らしかった!!
ホント段取りとか大変だったんだろうと思います。
ヤル気さえあればこんな大きな事ができるんだな~と、ただただ感心する、いろんな意味で大きな大きなイベントでした。

時間もなくて駆け足で見て回ったのですが、微妙な天気にも関わらず、オープン直後から予想を遥かに上回る入場者数。
そして何よりも福井の作家さんやアーティスト達、全員集合くらいの出展者達。
みんな個性的で面白い人ばっかりで。
会場の作りもワクワクするように所狭しといろんなアイテムがあって。
ホント普段から地道な活動を続けてるたつやさんの力ありきの事だな~と。
これぞ福井サイズ、地元サイズのイベントでみんなが楽しめる、本当の意味での地域活性化やと思います。
多分、行政主導ではこうはならないんでしょう。

問題はこれをどうやって持続させるか。
もうたつやさん世代に頼っている場合でもないですよね。
手本を見せてもらった僕らが引き継いでいかないと。。。
b0176845_0445185.jpg


そして夕方は県議の鈴木こうじさんと市議の中村綾菜さんの結婚披露宴への参加。
さすが議員カップル、親戚や友人たちの一次披露宴を終えての二部なのに300人を超える、そしてほぼ議員さんや福井の政財界の人達ばかり。今、渦中の細野イケメン環境大臣も。
そんな中に何故、僕らが呼ばれたのか。。。

そこでの会話も自然とこれからの福井や日本のこと。

「世代交代」

今直面するいろんな問題も本当はもうとっくに僕ら世代が牽引していかないといけない時期。そんなことをひしひしと感じる会話でした。

今、みんなが変わりたくてウズウズしてるんだと思う。
「自分に何ができる?」みたいな。

最近はまちづくりの活動なんかにもちょこちょこ顔出しますが、いつもそこで引っかかるのは、みんな思っているけど実践にまでは至らないって事。もちろん僕も含めて。
たつやさんのように率先して手を上げて、その一歩を踏み出す事は相当勇気のいることでもあるけど、やっぱり今自分の置かれてる環境にそこまで危機感を感じてないんじゃないかと。
この先の未来を想像して、今、自分がどう生きるか。
それをしっかりと考えないと、このままだとこの激流のような時代の流れに呑まれたまま一瞬で終わってしまうような気がする。

そして今日最後は奥さんの待つ病室へ。
3日後、恥ずかしながらこの年で父親になります。
次の世代の子供達が幸せな未来を歩いていけるように、幸せな結婚ができるように、
たった今からできる事はまだまだたくさんあるんだな、と。

明日からFLATの3階の工事を再開させます。
僕に出来ることは場所を作り続けること。
また皆様の手を借りると思います。
そこでまた新しい渦が巻いていけるように。


株式會社 建大工房
デミズケンダイ
渦巻きをつくれる人をつくる [Flat]
[PR]
by kendaikoubou | 2012-06-11 00:47
<< 幸福度日本一の福井県に住む僕が... craftmanship >>