ブログトップ
建大工房BLG
kendaikou.exblog.jp
<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
りんごが教えてくれた事
「自然との共存」

人間の永遠のテーマでしょうね。

もちろん今の時代でも共存していない人なんて、いないでしょうし。

線引きは個人の意識の問題で。


自然の中に生まれた人間も自然の一部な訳で。

そこから自然に生まれた化学薬品や工業製品、戦争、武器なんかも自然の産物でしょうかね。。。





「りんごが教えてくれたこと」
木村秋則


最近読んだ本で一番心を打たれた本。

NHKの「プロフェッショナル」でも結構前にとりあげられてるみたいですけど。


「人間は米もりんごも実らす事はできません。実らせてるのは木でありイネです。人間はその手伝いをしているだけです。」

そして木村さんは木の根っこを育てる土にこだわり、いろんな苦難を乗り切り11年かけて絶対無理だといわれた無農薬、無肥料のおいしいりんごを作る事に成功した人です。


僕は農業をしてる訳でもありませんし、農家の子供でもありません。
まだまともに家庭菜園すらも始めてません。
農薬や化学肥料が悪いのか、有機農ならいいのか、まだ分かりません。


ただ木村さんの言うりんごの自然栽培が何となく正しいような気がするのは、自然界と戦う訳でもなく、受け入れた上で上手く自然と共存、共栄してること。

農薬を撒くから害虫が増える。新たな農薬を作ってもまた別の害虫がくる。

インフルエンザとよく似てますよね。



木村さんの場合はすべてを受け入れる事により、結果、自然と必要なものしか残らないと言うこと。

東北を襲った台風で他の農家が壊滅的ダメージを受けてる中でも木村さんのりんごだけはしっかりと木になっていたと言う話。



人間にも同じことが言えるのでしょうね。

戦争も一緒。やられたらやりかえす。

病気になるから薬を飲む。薬を飲むから体が弱くなる。新たなウイルスが出来る。の繰り返し。

その前から病気にならないようにするにはどうしたら良いか。

本当はそんな難しい事ではないと思います。


美味しそうな実や美しい花や葉っぱだけ見るのではなく、根っこや、土を大切にする事。

いろんな事をもっと大きい目で見れるようになれたら、木村さんのように。



「人工的にりんごを育てるのではなく、りんごが本来持っている生命力を引き出し、育ちやすい環境を整えること」

「私の栽培は目が農薬であり、肥料なんです」


正しく、人とのコミュニケーションも同じでしょうね。



そして建築にも言える事なのでしょうか。

・・・って強引すぎるくくりなのでこの辺にしときましょう。




株式会社 建大工房
デミズケンダイ
[PR]
by kendaikoubou | 2009-06-23 21:25
風土

「土」

とはその土地のこと。

「風」

とはそこに吹きこんでくるモノ。

その二つが交わって風土と呼ばれる。

その土地に根付くものを守り続けるのも大切な事。

ただ何も変わらず、というのが必ずしも良いと言う訳ではないでしょう。

そこに外からの風が吹き込むことによって、より豊かな土地となる。


土の人となってその土地を守り、人をまとめていくか、

風の人となって更なる息吹を吹き込み、土地を盛り上げていくか。

どちらも大切で、どちらも相手を受け入れる寛容さが必要だと思う。

街作りや村興しとかで成功している例の多くは他の土地から来た人がクサビとなって働きかけている場合が多いと聞きます。





b0176845_2293366.jpg

行って参りました、修学旅行。

いつ聞いてもワクワクする響きですね。

学校というものに属している特権みたいなもの。

日本農村力デザイン大学の初の修学旅行に行ってきました。

まずはルンズファーム
群馬県は赤城村にある、がしかし、とても日本とは思えない大らかな空間。
b0176845_22164546.jpg

永澤さんはいつも通りの熱い語りでいろんな事を教えてくれました。



b0176845_21504631.jpg

そして片品生活塾
渋谷の元コギャルの桐山美智子さんが一人で移り住み、コミュニティーを作って今では地元の人もさる事ながら、全国からここにいろんなモノを求めて人が集まる場所。

今の旦那さんと畑で出会った、と言うのが印象的でしたね~。

で桐山さんに連れて行ってもらった
遊楽木舎
精一さん。パタゴニアのモデルもやってるらしい。
b0176845_21543953.jpg

こねてもらった生地に自分たちでトッピングして石釜で焼くピザ。
絶品でしたね。スープも桐山さんトコのサラダも美味しかった~。



このみなさんに共通しているのは、風となってその土地に移り住み、時間をかけて土地や人との調和を保ちながら、お互いが相乗的に成長していっていると言う事。

土も風も。

風の人も土の人もどちらも必要なんですよね~。




そして人の生き方に触れると言う事は、
自分の生き方を見つめ直すいい機会やな~と思いました。



株式会社 建大工房
デミズケンダイ
[PR]
by kendaikoubou | 2009-06-11 22:19
繋げる意味、繋がってるという意識
先日のFarmer's Market & フラ~ッとな福井夜祭、
大盛況のまま幕を閉じました。
参加していただいた皆様、あらためて本当にありがとうございました。

模様はHUDGEのブログにて。

今後に繋がるおおきな一歩でしたね~。

人の思いというのは、強い信念があれば伝わるものだな~と今回も強く思いました。
いろんな壁にぶつかりながらもひたすら前に進み続けたヒロキ、ホントお疲れさまでした。




そして何かを表現する「イベント」ってすごい大切な事やなと。

少なくともイベントの主旨に興味がある人が集まる訳で、そこに何か共通の価値観が存在する訳で。


今回の成功の大きな要素、

「人との繋がり」

今回もたくさんの素敵な出会いがありました。

人と繋がろう、繋げようという意識ももちろん大切ですが、


いろんな事と「繋がってる」という意識を持つ事が大切だな~と。

人と人であったり、仕事と遊びであったり。

過去、現在、未来

都会と地方

日本と世界

地球と宇宙

老若男女

親と子

人と自然

夢と現実…。


例えば、自分が欲しいと思ってる車を街で良く見かける様になるとか、

興味のある事に意識を持っていくだけで、向こうから飛び込んでくるようにすら見える。

今回のイベントで出会った人達ともきっとこれからいろんな形で繋がっていくと思います。


それを踏まえまして、

いろんなものと「繋がってる」という強い意識を持つ事ですごく可能性が広がる気がします。

出来ないと思っていた事が出来るようになったり。

みんながその意識を持てば、争いとか差別はなくなるでしょうね~

FLATもそんな活動でありたい。


株式会社 建大工房
デミズケンダイ
[PR]
by kendaikoubou | 2009-06-09 04:23