ブログトップ
建大工房BLG
kendaikou.exblog.jp
<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ないものをつくれ
北陸に唯一という世界的に有名な建築家、隈研吾氏の設計の料亭
開花亭sou-anが駅前にありまして。
そんな隈氏を招いて
福井の駅前開発のシンポジウムがありました。

今いちうまく行かない福井の駅前の開発問題について。
20世紀は大量生産、大量消費とか、近代的な文化への右へ習え的な社会でしたけど、
これからは一品生産の街づくり。
県外にはない、富山や金沢にすらない、福井のまちづくりが必要だと。
海や山、自然、人、そして一番重要な美味しい食。
どう表現していくかは難しいかも知れませんけど、
素材はどこに出しても恥かしくないものばかり。

他にはない、福井らしい街づくりはきっとできると思います。

やはり福井に生まれ育った人間として
福井に誇りを持たないといけないということ。

そして、益々人と人とのコミュニケーションを通じて横の繋がりを持って、
個々の力を持ったみんながなんとなく同じ方向を見て歩く事が大事なんだと。

駅前に何を建てるか?
どう活性化していくか?
を考える前に県民の意識をどう変えていくかをまず話し合わないといけないですね。



そしてyoutubeでこんなん見つけました。
「ないものをつくれ」

東京モーターショーの一コマです。
さすが世界のホンダ。凄いの一言ですね。
映像とリアルとのマッシュアップエンターテイメント。



しかし技術の進歩はどこまでいくのでしょうかね~。

こういう凄いことは東京にまかせて、体験したければ東京に行けばいい。
福井は福井でまた新しいムーブメントが起こせるはず。

株式會社 建大工房
デミズケンダイ
[PR]
by kendaikoubou | 2009-10-25 10:14
泣くという感情
嬉しいことや、楽しいことはよくありますが、
怒るとか哀しむ事はそう滅多にあるわけではありません。

泣くということも。

たまには思いっきり泣くのことも必要なんではないでしょうか。

「私の中のあなた」 原題:My sister's keeper
b0176845_123920.jpg


恥かしげもなく映画館で号泣してしまいました。
館内でもみんなの鼻水のすする音が響いていました。

大好きな映画「君に読む物語」と同じ監督やったので、
すごく楽しみにしていたのですが。
あの映画を好きな人なら多分好きです。この映画。

今日は泣きたい!って人にはオススメです。



株式會社 建大工房
デミズケンダイ
[PR]
by kendaikoubou | 2009-10-24 02:14
穏やかな秋晴れ、人の流れ。
b0176845_11372969.jpg

今回もFLATビルワークショップに参加いただいた皆様、
本当にありがとうございました!
三回目ともなると想像を遥かに超える勢いと手際の良さで
予想以上にはかどりました。
ランチも豪華に美味しく。
作業風景はHUDGEのブログで。

市場に廃材パレットを取りに行った時に写真に写ってる長方形のりんご箱が大量に捨てられていたので、とりあえず持って帰ってきちゃいました。
もし欲しい人がいたらどうぞ使って下さい。
色塗ったりしたらプランターとかに使えると思います。
サイズは、縦×30cm、横×60cm、深さ×30cmです。

解体作業としてはほとんど終わったようなものなので、今後は
作る方をメインにしていく予定ですので、ちょっとずつ面白い作業になると思います。

ちなみにネットサーフィンで見つけたのですが、
俳優の伊勢谷友介さんて方がやってる
「RebirthProject」

ぼくがやりたい様な事をまた都会的にカッコよくしてるな~と。
これはFLATものんびりやってる場合じゃないなと。
ま、同じ事をする訳でもないのですが。



FLATワークショップの日は本当に穏やかな秋晴れで朝から気持ちよく、
海では日の出から地元のサーファーが集まり、波乗り大会。

の前に朝焼けの中、ビーチクリーン。
b0176845_1145355.jpg

b0176845_1151659.jpg

波が上がってくるのが少し遅くて始まるのが押したせいで
ちょこっと見ただけで海には入らずFLATへ。

前日の土曜は毎年楽しみにしてる「金津創作の森」での
「クラフトマーケット」
b0176845_11191384.jpg

木工、ガラス、陶芸、布などなど、全国から作家さん達が集まり、手作りのアクセや雑貨などの展示、販売のイベント。普段あまりショッピングには行く事はないのですが、このときばかりは財布の紐が緩みます。

作家さんとの会話も楽しいですし、こだわりなどを聞いてるとやっぱり欲しくなってしまいます。

自分で好きなモノを作る。
それを好きな人が見に来て会話を楽しむ。
買う事も、売る事もお互いの幸せ。

理想的な流れですよね。

もちろんそうそう儲かる商売ではないでしょうけど、みんなが豊かな気持ちになれる様な気がします。

今回は何故か一輪挿しをたくさん購入したのでちゃんと飾らないと。。。
b0176845_11363961.jpg



株式會社 建大工房
デミズケンダイ
[PR]
by kendaikoubou | 2009-10-15 11:51
FLATビル内装解体ワークショップボランティア      募集のお知らせ
かなりスローではありますがFLATビルの改装は続いてます。(主に藤田さんが…)

前回のワークショップからかなり期間が空いてしまいましたが、

「FLATビル内装解体ワークショップ」を
2009年10月11日(日)に実施します。

今回は主に解体と薪作り、廃材パレットのばらしなどなど。
後、屋上に緑が欲しいので、ちょこっと芝生を並べたいと思います。

連休の中日ではありますが、皆様どうぞご協力お願いします。

集合
第一部 9:00~12:00
第二部 13:00~16:00

ビルの内装解体作業(爆破や火薬を使う作業ではありません)
天井や壁の取り壊しなどと、
屋上につくるジャングル庭園づくりを行ないます。

用意するもの

・かなり汚れてもいい格好
・タオル数枚 頭にかぶる、汗吹き
・バールやカナヅチがあれば持って来てもらえると助かります。
・お茶と水
・着替え
(軍手、作業用マスクは用意します。)
※一部、二部 参加される方はおにぎりをご用意します。


参加したい方は

1.氏名
2.年齢
3.性別
4.職業
5.連絡先

以上をご記入のうえ
下記までご連絡ください。

連絡先
株式會社ヒュージ


「フラットビル実行委員会」
Tel.0776-21-0990
Fax.0776-21-0991
E-mail info@hudge.jp
FLATビル住所:福井市順化2丁目16-14

宜しくお願い致します。

とにかく、フラットと関わってみたい。フラットに参加したい。
そんな方のボランティアスタッフを募集します。
この改修工事は、ボランティアによるワークショップ形式にしていきますので、
作業を通して、体感する喜びを感じてもらえると嬉しいです。

flat 


株式會社 建大工房
デミズケンダイ
[PR]
by kendaikoubou | 2009-10-07 20:52
火と生きた時代
今年初の火入れ。
b0176845_093387.jpg

寒い時期の一つの楽しみでもあります。

揺らぐ炎

薪のはじける音

石油や電気とは違う遠赤効果の暖かさ。

お湯も沸くし、料理もできる。

僕の場合、建築で出た廃材も消化できる。
という事で燃料はゴミ。

で、その代償に払うのは薪を作る労力と、火をおこす時間。

と言っても慣れればライフワークの一つなので大した事ではありません。

暖房器具であり、調理器具であり、インテリアであり、癒しのおもちゃ。

僕の場合すべてDIYですので、
ホームセンターレベルで煙突とかレンガ、全部込みでも8万円以内。
もちろんちゃんとした一般の対流式の立派なのとは訳が違い、
燃焼効率が悪かったりとか、寿命も短いのですけど。
十分です。


先日のミーティングで、
「お茶は買うもの」
という文化になってると言ってました。

子供の頃は
「お茶は作るもの」
やったんですけどね。

そー言うものはまだまだ、たくさんあるんでしょうけど。


囲炉裏とまでは言わないですが、

薪ストーブでお茶を作る。

面倒な事でもないですよね。

株式會社 建大工房
デミズケンダイ
[PR]
by kendaikoubou | 2009-10-06 22:42
最新の情報
昨日はFLATビルの掃除の後、和紙の里、今立へ行き、
HUDGEのスタッフのMATTの古民家探検。

夜やったので真っ暗でしたが2階は博物館みたいに戦時中の様なまんま、そっくり残されていて、完全にタイムスリップした感じでした。

最近は今立に行く機会がたくさんあって、町並みの保存状態の良さに毎回感激してます。

そして和紙職人であり多才な才能をお持ちの青木さんの家から出発して夜の大瀧&お月見登山。
意外と急な山道を30分ほど。
頂上に祀られてある「大杉さま」(なんと樹齢400年以上!)
満月の光を浴びてより一層神々しく輝いてました。
あらゆる箇所にパワースポットがありましたね。

写真は大瀧神社の横の神輿殿と満月。
BGMはベタに「花鳥風月」かしらね~。
b0176845_10282967.jpg

13日の夜は大瀧神社の「お上がり」というお祭りとの事。
お神輿を担いで神様を天にお見送りする神事。
この伝統は守り続けていかなくてはいけませんね。


先日のFLATミーティングはWEB-TV&メディア会議。
詳しくはHUDGEのブログで。

ジャーナリズムに無知な僕には、すべてが目からウロコな、かなり濃い内容で、
その中でもナルホドと思ったヒロキの発言の一つが、
(僕もうまく説明できませんが、自分なりの解釈で)

「新しい情報の価値観」

ネットなどが普及してどこにいても最新の情報を手に入れようと思えば可能な社会。
どんなニュースよりも個人の流したtwitterなどの情報が早かったりとか。

情報の新しい、古いと言うのはもう個人の価値観の問題で、
「その人が新しいと思えば、それは新しい情報」という事。

もう都会だから新しいとか、地方だから遅れてるという問題ではない、という時代。

後は、どれだけ強く知りたいと思うか、どれだけ敏感に動くか、の問題。

知識のある人は動いてるという事。

動いてる人は常に最新の情報を更新してるという事。

まずは一歩踏み出すこと。


そして、これから始まる内田邸2期工事。
植栽や畑作りと、土壁&生垣の塀作り。
今立が熱いです。
b0176845_12132185.jpg



株式會社 建大工房
デミズケンダイ
[PR]
by kendaikoubou | 2009-10-05 11:11